AIを知るためのキーワード動画解説集(powered by カナメプロジェクト)

INDEX

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

A

AGI [ Artificial General Intelligence ] / 汎用人工知能
AGIの定義=「一般的な成人の地頭」
AGIは「早く出してゆっくり育てる」byサム・アルトマン
そもそもAGIって何?AIと何が違うの?
日本でもいよいよ、AGI規制の議論が活発化してきた!
作者不明のホワイトペーパー「Revealing OpenAl’s plan to create AGI by 2027」の注目ポイント
AI Alignment(AIアライメント)
最近話題の「AIアライメント」って何?
AI倫理がメインテーマの政府発表「AI事業者ガイドライン」
経産省&総務省「AI事業者ガイドライン」から感じる日本の変化
AI agent(AIエージェント)
AIエージェントって何? どんなことをしてくれるの?
AIを「OS的」に考えると分かりやすい by OpenAI共同創業者
画面で一回やって見せたら、あとはAIが自律的にやってくれる世界
エージェントが進化したら人間がPCを使わなくなるだろう
サム・アルトマン VS エージェント開発者の一幕
AIエージェント実装で重要な4つの要素
なんでもできるAIを作ろうとするから難しい
アメリカでは早くも定番エージェントが出てきている!
ソフトウェア開発のAIエージェント「Devin」の実力
「AIエージェント」の到来は人によってインパクトが違う
AIエージェントが進化すれば人間はPC作業をしなくて良くなる
いよいよ出てきた!エージェントのチームワークを設計できる「Vertex AI Agent Builder」
発注者も受注者もAIエージェント!?Payman AIから考えるシゴトのミライ
GPT-4超えも!? 今のAI技術で「エージェント」を実装するための仕組みとは
ソフトウェア開発のAIエージェント「Devin」がいい感じらしい!
Anthropic
AI業界「三つ巴」の戦いを説明
AIで初めてIQ100を達成したAnthropicの「Claude3」
「MicrosoftのGPT(ChatGPT)」対「GoogleのLaMDA(Bard)
GoogleがChatGPTの対抗馬となるAIモデル「Bard」と、AIベンチャーへの出資を発表
話題のAnthropic Claude 3って実際どうなの?実際に画像ファイルやPDFを使って試してみた

C

ChatGPT
ChatGPTとGPTの違いをしっかり理解しよう
AI業界「三つ巴」の戦いを説明
ChatGPT Plusのメモリ機能ってどうなの?
Claude
AIで初めてIQ100を達成したAnthropicの「Claude3」
【保存版】Claude 3を使ったYouTube動画の要約術1分解説
Claude3が複雑怪奇なポンチ絵も明快に説明してくれたんだが…
どんなツール使っても、やっぱ動画の細かい情報は汲み取れない
OpenAIが独走?そんな時代はとっくに終わってる
こんなに議事録の精度が高いの!?Claude3がすごい理由
【画面解説】Claude 3を使って超高精度なYouTube動画の要約記事を作る方法を紹介!
話題のAnthropic Claude 3って実際どうなの?実際に画像ファイルやPDFを使って試してみた
Cohere
LLMの第4位に急浮上する「Cohere」(コヒア)
LLM第4の勢力になりつつあるCohere社の仕組みを技術的に探る
Cohereのランカー機能で精度向上とコスト削減が実現!
Cohereの埋め込み機能で非構造データが構造データに変わる!
CohereではRAG用機能があらかじめ用意されている
非商用なら無料で使えるCohere社の「Command R+」
LLM第4の勢力になりつつあるCohere社の仕組みを技術的に探る
「Command R+」「Rerank 3」とほぼ同時期にリリース。Cohereの新LLM群のが熱い理由
Context window / コンテキストウィンドウ
AIで大切なコンテキストウィンドウとは?
AIの発達において超重要な「コンテキストウィンドウ」の考え方を理解する

D

Devin AI
Devinの動作が不安定だと思われる技術者視点からの理由
ソフトウェア開発のAIエージェント「Devin」の実力
Devinは本当にすごいのか?それともAuto-GPT 2.0程度のものなのか?
ソフトウェア開発のAIエージェント「Devin」がいい感じらしい!

E

Embedding / 埋め込み
Cohereの埋め込み機能で非構造データが構造データに変わる!

F

Fine-tuning / ファインチューニング
RAGとファインチューニングの違いとは
性能的には「RAG>ファインチューニング」の時代
Foundation Model / 基盤モデル
これからは「感情」や「経験」みたいな要素も基盤モデルに入ってくる
ChatGPTのブームは間違いなく去るが、その後に来るパラダイムシフトにこそ注目せよ
Google並の巨大ビジネスを作るには「中規模モデル」が不可欠になる
「掃除機の吸い口」で考えるとチャット型AIの現状がよく分かるだろう
ChatGPTはモバイル以来の革命!?基盤モデルという新しいAIパラダイム
基盤モデルの肝は知識から経験へ
Function calling
Function callingとRAGの違い=図書館での調べ物と電卓計算の違い
Function callingとRAGの技術的な違い
RAGって何?Function callingと何が違うの?AI歴25年の研究開発者が解説

G

Gemini
正式版になったGemini 1.5 Proの動画読み取りが精度高め!
iPhoneにGeminiが搭載されるってホント?
メール連携が便利なGoogleの「Gemini」
Geminiの進化から考えるAIの「目」のインパクト
Generative AI / 生成系AI
生成AIとロボットの関係を1分で解説
1分解説:生成AIの「ハルシネーション」とは?
デジタルツイン×生成AIで考える製造業の未来
ロボットの動きも「生成AI」だと捉える
なぜ生成AIテーマでロボットの話が登場してくるのか?
生成AIの中にデジタルツインを取り込む世界観
これから製造業の現場でも生成AIが大活躍していく
GPT [ General Purpose Technology ]
ChatGPTとGPTの違いをしっかり理解しよう
次期GPTは「GPT-5」?それとも「GPT-4.5」にとどまる?
GPT-4がちょっと恥ずかしい by. サム・アルトマン
GPT-5とLlama 3 400Bの比較結果によって今後のAI開発の方向性が決まる
突如出現した謎のモデル「gpt2」とOpenAI CEOの投稿が意味深すぎる
次期GPTは「GPT-5」?それとも「GPT-4.5」にとどまる?
突如現れた「gpt2」とは何なのか。謎AIモデル登場の経緯や意図を探る
みんなGPT-5のローラーで踏み潰すよ by.サム・アルトマン
GPT-4超えも!? 今のAI技術で「エージェント」を実装するための仕組みとは
GPTs
カスタムGPTに潜む脆弱性に注意せよ!
注意喚起!カスタムGPTが抱える脆弱性が怖すぎる

H

Hallucination / ハルシネーション
ハルシネーションが問題だ!と思っている人は古いモデルを使っている可能性が高い
いま、大企業が一番困っているのがAIのハルシネーション
1分解説:生成AIの「ハルシネーション」とは?
ハルシネーションに悩んでいるとしたら、すでに古いモデルを使っている可能性がある

I

Inference / 推論
これから「推論コスト」が爆増することを見越して考えよう
推論専用チップから生まれたAI「Groq」の可能性が凄まじい

L

Learning / 学習
これから「推論コスト」が爆増することを見越して考えよう
仮想空間でのシミュレーションで学習を超加速させるAI
LlaMa [ Large language model meta AI ]
パラメータ数って実はあまり関係がないのかも
GPT-5とLlama 3 400Bの比較結果によって今後のAI開発の方向性が決まる
オープンソース型LLMの躍進がAIの進化を遅らせるかも
Llama 3の躍進でオープンソース型LLMが台頭する時代に!?
ザッカーバーグ曰く、近く電力不足問題で「AIの冬」が来るかもしれない
Meta社のLLM「Llama 3」の400B(4000億パラメーター)がスゴそう
Llama 3発表・Metaの優位性はどこまで続くのか
MetaのLLMがスゴい!「Llama 3」がもたらすオープンソース型LLMの台頭は、AIの進化を逆に遅らせる可能性あり
LLM [ Large Language Model ] / 大規模言語モデル
バックのLLMを自由に取り替えて活用する世界観
日本語の独自モデルはどこまで必要か?
LLM開発では技術的な優位性を作りにくい
日本企業も案外、オープンソース型LLMを使うようになるかも
大規模言語モデルにお金が集まらなくなる未来も直近か
オープンソース型LLMの躍進がAIの進化を遅らせるかも
これから主流になっていくLLM-OSの考え方を理解しよう
MetaのLLMがスゴい!「Llama 3」がもたらすオープンソース型LLMの台頭は、AIの進化を逆に遅らせる可能性あり
LLMの進化を待たなくてもエージェント機能を実装せよ
ヒト型ロボット「Figure01」から考える言語モデルの進化プロセス

M

MAI-1
Microsoftの独自LLM「MAI-1」は5000億のパラメータ数らしい
Microsoftが独自LLM「MAI-1」を開発する理由とは
Model / モデル
1分解説:AIの「モデル」とは?
これからは「感情」や「経験」みたいな要素も基盤モデルに入ってくる
日本語の独自モデルはどこまで必要か?
大企業もこれからオープンソース型AIモデルにシフトしていくだろう
大規模言語モデルにお金が集まらなくなる未来も直近か
基盤モデルの肝は知識から経験へ
ハルシネーションに悩んでいるとしたら、すでに古いモデルを使っている可能性がある
ヒト型ロボット「Figure01」から考える言語モデルの進化プロセス
マルチモーダルモデル「Q*」から考える「計画エンジン」開発の流れ
Multimodal AI / マルチモーダルAI
本当の意味での「マルチモーダル」が実現する世界
マルチモーダルモデル「Q*」から考える「計画エンジン」開発の流れ

P

Payman AI
店長の補佐をAIがやってくれる世界観のPayman(ペイマン)
発注者も受注者もAIエージェント!?Payman AIから考えるシゴトのミライ
Perplexity AI
ラボ的AI企業とビジネス系AI企業の棲み分け
Perplexityが目指す「WikipediaとChatGPTの中間」的なプロダクト
なぜPerplexityは評判がいいのか?
Planning engine / 計画エンジン
1分解説:AIの「計画エンジン」とは?
マルチモーダルモデル「Q*」から考える「計画エンジン」開発の流れ

R

RAG [Retrieval-Augmented Generation] / 検索拡張生成
RAGとファインチューニングの違いとは
CohereではRAG用機能があらかじめ用意されている
性能的には「RAG>ファインチューニング」の時代
RAGはもういらない?まだまだ必要?AI歴25年の開発者が解説
AIで大切なコンテキストウィンドウとは?
Function callingとRAGの違い=図書館での調べ物と電卓計算の違い
AIでいうRAG(Retrieval-augmented Generation)って何?
RAGって何?Function callingと何が違うの?AI歴25年の研究開発者が解説
Reka Core
映画の気になったところを説明してくれる「Reka Core」とは
Rerank
「Command R+」「Rerank 3」とほぼ同時期にリリース。Cohereの新LLM群のが熱い理由
Robot / ロボット
生成AIとロボットの関係を1分で解説
1分解説:生成AIの「ハルシネーション」とは?
OSがヒト型のインターフェースになっていく!?
ロボットの動きも「生成AI」だと捉える
AIのUI/UXとして最適な「ヒト型ロボット」
NVIDIAが他AI企業よりも断トツで先行している理由
ロボットが進化することで宇宙やスピリチュアルの謎も解かれていく
なぜ生成AIテーマでロボットの話が登場してくるのか?
ヒト型ロボット「Figure01」が発表された!
これからは「ロボット」にも大きな影響が出てくる
これから動くものは全て「自律型ロボット」になり、かなりの経済規模が見込める
Figure01をはじめ、この時期にロボットへの期待値が再度高まってきた理由
ヒト型ロボット「Figure01」から考える言語モデルの進化プロセス

S

Samuel Harris Altman / サム・アルトマン
GPT-4がちょっと恥ずかしい by. サム・アルトマン
サム・アルトマンの発言から垣間見える本質的な「焦り」
サム・アルトマン VS エージェント開発者の一幕
AGIは「早く出してゆっくり育てる」byサム・アルトマン
みんなGPT-5のローラーで踏み潰すよ by.サム・アルトマン
2024年3月19日公開のサム・アルトマン長編インタビューを読み解く!
ScreenAI
Google「ScreenAI」の登場でCESで話題の「rabbit r1」は不要になるか
Googleが急遽発表した「ScreenAI」がUX革命をもたらす可能性
 Singularity / シンギュラリティ(技術的特異点)
え?もしかして、もうシンギュラリティに入っている?
すでにシンギュラリティに突入してる!?

X

xAI
AI開発競争でイーロン・マスクが一気に浮上するかも
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人ひとりが自分な好きなこと、得意なことを仕事にして、豊かに生きる。 そんな社会に向けて、次なる「The WAVE」を共に探り、学び、創るメディアブランドです。

目次